新着情報

NEWS RELEASE 新着情報

岐阜市 N.Y様 スズキ ワゴンR 車検 ありがとうございました。

この度は弊社への車検のご依頼ありがとうございます。

ご指定の午前7時にご自宅までお引き取りすることができました。

ディーラーと変わらない整備内容でお値打ちに基本96項目の検査点検および、

車載コンピュータ(ECU)診断をさせて頂きました。

また次回車検もお待ち申し上げます。本日はありがとうございました。

瑞穂区 M.Y様 トヨタ プリウス車検 ありがとうございました。

この度は弊社への車検のご依頼ありがとうございます。

ご指定の午前7時半にご自宅までお引き取りすることができました。

ディーラーと変わらない整備内容でお値打ちに基本96項目の検査点検および、

車載コンピュータ(ECU)診断をさせて頂きました。

また次回車検もお待ち申し上げます。本日はありがとうございました。

小牧市 T.S様 トヨタ 86ハチロク車検 ありがとうございました。

この度は弊社への車検のご依頼ありがとうございます。

ご指定の午前6時半にご自宅までお引き取りすることができました。

ディーラーと変わらない整備内容でお値打ちに基本96項目の検査点検および、

車載コンピュータ(ECU)診断をさせて頂きました。

また次回車検もお待ち申し上げます。本日はありがとうございました。

瑞穂区 O.R様 スバル インプレッサ車検 ありがとうございました。

この度は弊社への車検のご依頼ありがとうございます。

ご指定の午前6時半にご自宅までお引き取りすることができました。

ディーラーと変わらない整備内容でお値打ちに基本96項目の検査点検および、

車載コンピュータ(ECU)診断をさせて頂きました。

また次回車検もお待ち申し上げます。本日はありがとうございました。

海部郡蟹江町 N.S様 トヨタ ウィッシュ車検 ありがとうございました。

この度は弊社への車検のご依頼ありがとうございます。

ご指定の午前6時半に勤務先までお引き取りすることができました。

ディーラーと変わらない整備内容でお値打ちに基本96項目の検査点検および、

車載コンピュータ(ECU)診断をさせて頂きました。

また次回車検もお待ち申し上げます。本日はありがとうございました。

瀬戸市 T.S様 トヨタ スペーシア 車検 ありがとうございました。 

この度は弊社への車検のご依頼ありがとうございます。

ご指定の午前6時半にご自宅までお引き取りすることができました。

ディーラーと変わらない整備内容でお値打ちに基本96項目の検査点検および、

車載コンピュータ(ECU)診断をさせて頂きました。

また次回車検もお待ち申し上げます。先日はありがとうございました。

岡崎市 S.K様 BMW MINI車検・新規登録 ありがとうございました。

この度は弊社への車検のご依頼ありがとうございます。

本日は陸運局駐車場にて待ち合わせでした。

ディーラーと変わらない整備内容でお値打ちに基本96項目の検査点検および、

車載コンピュータ(ECU)診断をさせて頂きました。書類がそろえばOKです。

また次回車検もお待ち申し上げます。本日はありがとうございました。

名古屋市中区 T.N様 メルセデスベンツ GL450車検 ありがとうございました。

この度は弊社への車検のご依頼ありがとうございます。

ご指定の午前6時に駐車場までお引き取りすることができました。

ディーラーと変わらない整備内容でお値打ちに基本96項目の検査点検および、

車載コンピュータ(ECU)診断をさせて頂きました。

また次回車検もお待ち申し上げます。先日はありがとうございました。

法律小話 その2.日本語の「憲法」という語が現在の憲法を意味する語として、はじめて公的に用いられるまでの経緯

憲法は何故憲法と書くのか?

Constitution(憲法)について、元来、日本にはこれに相当する概念がなかったという。そりゃそーだ。

①穂積陳重の『法窓夜話』によれば、明治6年に、箕作麟祥がフランス語の「Constitution」に「憲法」という訳語を当てたのが始まりという。
②支那林則徐の『海國圖志』(道光二十三年版天保十三年)に「世守成規」とあり、
③福澤諭吉は『西洋事情』(慶應二年版)に「律例」と訳し、
④加藤弘之は『立憲政体略』において「国憲」という語を用い、
⑤津田真道は『泰西國法論』で「根本律法」という語をあてた。
⑥明治7年には地方の政治に関して「議院憲法」という名称の『詔勅』が出ている。

このような様々の訳語が「憲法」として落ち着くのは、明治15年に伊藤博文に「憲法取調」の勅命が下された時であるとされている。
この時に「憲法」の語が、いわば「公定語」になったとされている。
※余談ながら伊藤博文の「憲法取調」の勅命からの→滞欧憲法調査エピソードも面白く、また興味深い。http://www.desk.c.u-tokyo.ac.jp/download/es_9_Takii.pdf

石井研堂は『增補改訂明治事物起源』の中で日本において Constitution の
受容と翻訳に苦労がされていたことがうかがえる。まったく明治の日本人には頭が下がる。
この中でも「國憲」や「根本律法」などは、国家の基本法であ
り最高法規であるとの意味を読み取ることができ、現在
の「憲法」を説明する姿勢が感じられる。

-------------
憲法の「憲」の字解について。正字では主のような部は丯(カイ)と書く。『契約の契も正字では主のような部は丯(カイ)』

憲の上部は(害と同じく)大きな把手のある入れ墨用の針の形。
これで目の上に入れ墨をする字が憲、すなわち刑罰の意であるから、のちに『厳しき法』の義となった。もちろん近世において法と刑罰は別物で、そこに違和感を感じなくもないが、古代を近現代の価値観ではかるのは控えたい。

心(したごころ)は後世に書き加えられた。厳しき法は心的抑制の義になったからであろう。憲は人間の自分勝手な言行心慮をおさえ止めるきまり事となった。

最初期の用例は春秋時代(紀元前770年 - 紀元前476年)の左丘明が編纂したといわれる國語の晉語九:「古之聖王發憲出令、設以爲賞罰」の一文である。→訓読:古の聖王憲を発して令を出だし、設けて以て賞罰を為す。→翻訳:昔の聖王は法令を発布して賞罰を設けた――『墨子』非命

憲.jpg

 類義と整理

 法は、外からはめた枠。
 則は、そばについて離れてはいけないきまり。
 範は、外からはめた外わく。〔同語反復?「法」との違いは?〕
 規は、きまった規準。
 憲は、心の行動を抑える枠。〔「押さえる」ではなく「抑える」だ。〕

-----------------

穂積陳重の『続法窓夜話』をとりあげてみる。
穂積は大正五(1916)年に、『法窓夜話』を出版した。
『続法窓夜話』において穂積は、「憲法」は治者の号令
であり、「憲」も「法」も同意語であり、「法律」という
意味の名詞であると説明する。そこでは、さらに続けて、
「憲」の形容詞としての用例も掲げ「『憲法』なる語を『明
法』または『厳法』と同意義に用い、憲をもって法に対
する形容詞として『著しく』または『明かなる』意に用
いた例」があるとする。

『日本書紀』推古天皇十二年の
条に記載されている皇太子が憲法十七条を作るというの
も、「『憲法』なる語は『厳しき法』『明からなる法』『顕
しき法』という義であって、『憲』は『法』に対して形容
詞として用いられたものでなければならぬ」と叙述し
ている。

------------------------
Constitutionと日本語「憲法」
―明治期啓蒙思想家の西欧文化受容―

法律概念を翻訳する難しさ
https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/hermes/ir/re/10474/ronso1240400310.pdf